1. TOP
  2. キャリコン2級面接対策:試験全般
  3. 同じケースでも中身は違う

同じケースでも中身は違う

■ 同じケースでも中身は違う

2級キャリア・コンサルティング技能士合格対策講師 橋谷です。

昨日、この記事に着いたコメント で、気になっている人いるかもしれないので、書いておきますね。

1 ■ケースの書いた紙
事前情報について、CLがなかなか触れなかった場合、「事前にいただいた相談内容ではこんなことが書かれていましたが・・」などと、こちらから踏み込んでもいいというころでしょうか。

おはようございます。
コメントありがとうございます。

確かに事前情報の内容を、最初からクライアントが全部話してくれるとは限りません。

「事前に頂いていた相談内容には、こう書かれていましたが・・・」と聞いてもいいのですが、クライアントが話してくれたことがすべてなので、できればその中で会話をしていったほうがいいですね。紙はあくまでも資料で、その内容は観点として持っておいて、会話の質問の中で聞いていけるといいですね。

これでわかりますか?

■Re:Re:ケースの書いた紙

ご指導ありがとうございます。

当初書かれていた内容と異なる話になったとか、〝後段〟の話をしてくれかなったなどという話を聞いたことがあります。

こうなると、初めに書かれていたケースを確認してもいいのかな、と思ったのでお尋ねしました。

それは、まだ書いていませんが、同じケースで違う展開になることは、多々あります。

コンサルタント側が、どう話を持っていくか。

意図のある質問を投げかけていけるかですね。
がんばりましょう!

—-

これ、コメントの内容と、私が書いたお返事です。

ケースは紙に書いてありますが、「今日は、どんなご相談でいらっしゃいましたか?」と聞かれた相談者が、最初から、ケースの紙の内容を暗記していて全部話してくれるわけではありません。

(それって、不自然ですよね。)

普通に、今日相談したい内容を話してきます。

それに対して、コンサルタント側が質問や言葉を投げかけたりする形でロールプレイを進めていきます。

(ここでも相談者が一番最初に話し始めたことが大切です。論述試験と一緒です。)

話の展開は、コンサルタントの質問や話のもって行き方で変わります。

よく試験を受け終わった人同士で話したときに、同じケースにもかかわらず、

「えっ?私のとき、そんな事言ってなかったよ?」

という声を聞きます。

私も同じケースで、しかも背格好見た目の特徴から同じ人であるにもかかわらず、話の展開は、ぜんぜん違っていた人たち何人かと話しをしました。

でもこれは、当然のことで。

だって、相手が変われば、話も違ってきますよね。

書いていないことを言ったのではなくて、書いていることがすべてと言うわけではないのです。

コンサルタントが相談者の話を聞いていく中で、相談者の状況を聞き、感情を受け取り、価値観を共有していく中で、面談は展開していきます。

同じ相談者と面談するコンサルタントが違えば、相談者が同じでも話の内容は変わってくると言うわけです。

その違いは、コンサルタントの質問の投げかけ方など、面談の進め方の違いによるものです。

\ SNSでシェアしよう! /

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャリアコンサルティング技能士の一部合格とは?論述試験合格の持ち越しはできるの?キャリアコンサルティング技能検定の一部合格制度を説明します

  • 2級キャリアコンサルティング技能検定の試験会場は?試験会場は、いつわかる?

  • 第18回合格者の声

  • 私が受けたときの2級キャリアコンサルティング技能検定面接試験の流れ

関連記事

  • 面接試験が終わった日にやって欲しいこと

  • 最初から気持は話せない

  • 普段の生活の中でも試験対策

  • 面接ケースの分析で、やらないほうがいいこと

  • ロールプレイ課題1、2について

  • 面談の機会が少ないのですが