なんとなくでは、ダメ

■ なんとなくでは、ダメ

2級キャリア・コンサルティング技能士合格対策講座講師の橋谷です。

以前、初めて2級キャリア・コンサルティング技能検定を初めて受ける方のための試験対策勉強法の短い講座というのをしていました。今はやっていません。

ちなみに、この講座の受講者は全員試験に合格しました。

以前その講座を受けられた方で、その後ご自身でおそらく勉強されたのか他で勉強されていたと思いますが合格に至らず、今度は私の面接対策勉強会に参加してくださった方が、今回合格されました。

合格報告メールの中に、次に受検される方に非常に参考になるコメントがありましたので、ブログへの掲載をお願いして快諾いただきましたので、ご紹介させていただきます。

こんにちは、ご無沙汰しております。
市ヶ谷と西新宿の勉強会でお世話になりました、
○○です。

この度、2級キャリア・コンサルティング技能士に
合格しました。ありがとうございました。

11月の勉強会では、関係構築さえもできずに、
次に進まなかったことを良く覚えています。

『なんとなくでは、ダメ』
なんのために聴くのかを明確にすることを
しっかりと教えていただきました。
・自分が、CLと関係構築するために、聴く/質問する。
・自分が、CLの抱えている問題を知るために、聴く/質問する。
・自分が、その問題に対する目標設定するために、聴く/質問する。
・自分が、具体的展開できるようにするために、聴く/質問する。

また、どうしたら次にCLは来談するのかをロープレの
練習では意識するようにしていました。

3回目のチャレンジで合格できてほっとしています。
CL役は21歳の松本結衣さんでした。
若手の有資格者がCL役になっているのでしょうか?
実年齢の方に見ようと思えば見えるし、
ちょっと幼い格好をしているようにも見えるし。。。
20代の技能士も多いのでしょうか?
ちょっと気になりました。

勉強会自体は、厳しいかもしれません。申し訳ありません。でも合格のためですから。

11月の面接対策勉強会に参加された後に、課題を見つけてご自身でしっかりと取り組んでいらっしゃいますよね。

そしてタイトルにもさせていただいた、『なんとなくでは、ダメ』。

まさに、これが一番お伝えしたいことです。

ただなんとなく聴いているだけでは、キャリア・コンサルタントが主導している面談にはなりません。傾聴しているからというのとは別問題です。

きちんと意識して尋ねる。

箇条書きで4つ上げてくださったものを、ぜひ読み返して頭の中に入れて面接試験やロールプレイを進めていくようにすれば、面接や口頭試問が変わってきます。

ココ最重要なので、赤のアンダーライン必須です!