面接対策オンラインサポート

■ 面接対策オンラインサポート

2級キャリアコンサルティング技能検定試験面接対策オンラインサポートのご案内です。

2級キャリコンの対策に携わり、今回で7年目になります。最近では対策講座や教材も増え実技指導をしている方も多くなってきました。東京リーガルマインドのように大手でも力を入れ始めて数年というところもありますし、リカレントも2級キャリコン試験対策に力を入れ始めました。

私のところにいらしてくださる方の多くは、一回目の試験を独学で受けて合格に至らず、合格した友人知人からブログやメルマガや講座を勧められた人です。ネット検索で見つけたという方もいらっしゃます。

試験対策ですから高校や大学の受検勉強と同じように、試験の傾向や対策を分析した面接対策勉強会や電話やスカイプでの面接個別指導、メールサポートセミナーで多くの方を、2級キャリアコンサルティング技能検定合格へと導いてきました。

合格された方の声を、少しですがご紹介します。

お世話になります、ご指導いただいておりました○○です。
この度、合格の通知を受け取りましたことをご報告させていただきます。
先生のご指導あっての結果に、心より御礼申し上げます。学科 72点
論述 75点
面接 66点
(基本的態度70 関係構築70 問題把握60 具体的展開65)
学科と面接はギリギリで運に恵まれました・・・
もっともっとクライエントの問題を把握する能力や、解決するための方策を
実行できる力を身につけるべく努力しないとと痛感しています。
今回はロールプレイでのご指導を受けていなく、もしそちらのアドバイスもいただいていれば
もう少しの加点もできたのではないかと思っております。
論述に関しては、質問もさせていただき自信をもって臨むことができました。
本当にありがとうございました。

 

本日試験結果を確認し、お陰さまで合格できました。
本当にこの面談サポートと面接対策勉強会のお陰です。本当にありがとうございました!!私の時も「今の面談の良い点と改善点をそれぞれ1分以内で答えてください。」「関係構築はできましたか?」など7つの質問にそって尋ねられました。7つの質問を意識して面談を進めたこと、自分の弱点(関係構築が苦手)を知り、意識して言葉をかけたこと、ロープレでご一緒していただいた方の面談をオブザーバーとして聴き大変参考になったこと、ロープレで答えた自分の答えが的を得られず何を答えればよいか反省できたこと、すべて本当に生きた助言でした。面談だけでなくその後の口頭試問までが試験で、そこで挽回できると教えてもらいましたが、まさにその通りでした。

また、私は7つの質問と違った質問も受けました。
私のケースでは、どんなところで部下の管理がうまくいかないのか質問し、一つの例を話してくれました。それを掘り下げるには20分では少ないと思い、ほかにもうまくいかないことを書き出して次回に持ってくるよう提案し、次回ひとつづつ一緒に考えましょう、と提案したのですが、口頭試問で 「○○さんなら、そのとき部下にどう話しますか?」と質問されました。
きっと、本当に私に解決策があるのか聞きたく、試したく思われたのかもしれません。
とっさに私なりの対応を石田さんになったつもりで答えました。

その答えが良かったかは分かりませんが、それが今回の試験結果につながるのではと思っていました。

こんな質問をされることがあるということを、今後の試験を受験される方に多少とも参考になればと思いお伝えしました。

今回たった5つのケースでも知らないこと、調べることの多さを知り、自分の未熟さを痛感していました。
今回たまたま合格にはなりましたが、これからも続けて勉強しなければと思っております。
またブログを通じ教えていただきたいと思っております。
本当にどうもありがとうございました。

 

3度目の挑戦で「技能士」をゲットすることができました。
初回「面談46、論述66」→2回目「面接65、論述54」→3回目「面接61、論述65」。今回は手応えがなく、今度落ちたら諦めようと考えていましたので、結果をあけてびっくり。
やはり、自分の力が少しづつアップしていたのでしょうか・・・。
「関係構築力」は1回目不明(全然できなかった)、2回目「70点」、3回
目「65点」でした。今振り返るに、「面談RP勉強会」が大変勉強になりました。(2回目受験以降から参加しました。)
関係構築の仕方も、とっても具体的でわかりやすく、日頃の実務で1日一回心がけ、スキルアップしていったように思います。
いろいろな勉強会に参加いたしましたが、人格まで否定されてるような指摘があったりで、落ち込んでしまい、(悲しいかな)途中から行かなかったりしたこともありました。
先生の(ご指摘)「(とっても)おし~い」は、(もう一歩頑張ろうというという)やる気をおこさせます。
また、参加された方が一様に良い方が多かったですね。
(不安もなく参加しましたし、他の方からも多くの刺激をもらいました。)

 

初めて見ました「合格」の文字。
やっと、やっと、やっとです。
こうなったら何がなんでも学科試験合格せねば!です。(注:第12回で実技合格したこの方は、第13回で学科も合格しています。)本当にこれまでご指導ありがとうございました??
まさかこんなに長期に渡りご指導頂くなんて(笑)。
何か恩返しがでるのであれば…。
手伝い出来る様なことがあればお申し付けください!
(ってまだ学科が残ってますが)今回、先生の勉強会1回と前夜のスカイプの2回しかロープレを体験してないのですが
(後は事例検討会のみ)
その2回で掴んだ気づきが本当に大きかったです。

1)クライアントの質問に安易に解決に向かわない。
2)クライアントのイラショナルビリーフには肯定的に疑問を持つ。
3)口頭試問では喋りまくる(笑)

あと自分の場合は試験だからと言って解答を探ろうとせず、
「いつもの本番のカウンセリングをやるんだ」
と自分に言い聞かせたのは良かったかもしれません。

点数は
論述はギリギリ63点でしたが

面接試験は70点。
基本的態度75点
関係構築70点
問題把握70点
具体的展開65点
(やっぱり具体的展開は弱いですが)。

取り急ぎ、一番にご報告せねばと思いメール致しました。

 

昨年の6月8日の大阪のたかつガーデンでの勉強会に参加しました○○です。
12回の試験はあと一息で桜散るでしたが、13回で合格することが出来ました。的確なご教示のおかげと感謝申し上げます。合格までの道のりを振り返ってみますと以下のような得点で第10回 論述55点・基本的態度50点・関係構築力50点・問題把握力50点・具体的展開力45点・合計48点第11回 論述58点・基本的態度55点・関係構築力55点・問題把握力50点・具体的展開力55点・合計53点 学科82点で一部合格

第12回 論述60点・基本的態度65点・関係構築力60点・問題把握力60点・具体的展開力55点・合計60点

第13回 論述68点・基本的態度65点・関係構築力65点・問題把握力65点・具体的展開力60点・合計63点 総合合格

11回までは区分が駄目であり手も足も出ない状況でしたが、12回を前にして先生の勉強会に参加させていただき、一気に手の届く得点となりました。

13回の前には職場の受験仲間5人で先生の勉強会をまねて、ロープレ・口頭試問・意見交換を交代で行う勉強会を催したところ、5人中4人が実技試験に合格し、合格率80%と驚異的な結果となりました。それまでもロープレの練習は行っていましたが、口頭試問を本番さながらにすることはありませんでした。

これをすることによって、ロープレ中も何のためにこの質問をするのか等が考えられるようになり、ロープレ後の質問にも答えられるようになったと思います。

今後はこの経験を生かして他の受験仲間のお手伝いが出来ればと思っています。もちろん、仕事にも活かしていくつもりです。
お礼と報告だけと思っておりましたが、つい、長文になりすいません。ありがとうございました。

 

他にも、たくさんの方から合格のお礼のメール等頂いております。

私もとてもうれしいです。ありがとうございます。

面接対策といえばロールプレイの練習をしないと、とまず考えますが、ただロールプレイの回数を重ねて試験に合格できるでしょうか。

受検者の方の多くはロールプレイの練習をして試験にのぞみますが、合格できる人は限られています。

ロールプレイの練習回数を重ねても、2級キャリアコンサルティング技能検定面接試験で求められている面接ができているかどうか、わからないからです。

合格していない受検生同士でロールプレイのアドバイスをしても、合格に向けて適切かどうかわかりません。

合格者にロールプレイのアドバイスをもらっても、自己の経験に基づく単なるアドバイスにすぎません。

それでは、いくらロールプレイを重ねても、適切なアドバイスを受けなければ合格まで到達できません。

ロールプレイの練習は、本来は自分の出来ないところを練習をすべき場所です。

フィードバックをもらう場所とは言えないのです。

そもそもロールプレイの練習をする前に、知っておくべきことがあります。

それは、2級キャリアコンサルティング技能検定面接試験で求められている4つの評価区分に添った面談とは何かです。

技能検定ホームページ上に、面接試験で求められる4つの評価区分は記載されています。

でも、その4つの評価区分を満たすためには、何ができればいいのでしょうか。

まずそれを知ることです。

知った後にはできるようにするために練習です。

練習は、ロールプレイの場だけとは限りません。むしろ普段の練習が必要です。

普段の練習でできるようになった成果を実践に近い形で練習するのが、友人知人と一緒に行うロールプレイです。

出来ることは取り組んでから友人知人とロールプレイの練習を行うことで、なんどもロールプレイ勉強会に参加するよりも、無駄なく効果的に試験対策ができます。

面接対策オンライサポート内容の一部です。

・評価区分の解説
・各評価区分で何をチェックすべきか
・評価項目ごとの具体的な勉強方法
・勉強スケジュール
・友人知人との勉強会を、どう活用するか
・普段の仕事や生活の中で、どう勉強するか

これらを、DVDと専用サイトで学んでいただき、普段の仕事や生活の中で実践していただきます。

careerconsultingdvd

最初にお届けえするDVD2枚組は、面接対策講座にプラスして、別撮りしたので合計3時間以上あります。

【DISC1】ロールプレイ
・4つの評価区分の概要と詳細
・各評価区分ごとの気をつけるべきポイント
・評価項目ごとの具体的な勉強方法

【DISC2】口頭試問
・口頭試問で問われる質問
・よくみられる、望ましくないロールプレイ
・20分間のロールプレイ
・面接試験練習方法

ロールプレイの実演も収録されています。

届いたDVDを何度もみていただいて、面接試験で問われる内容をまず理解しましょう。

理解できたら実践です。

実践には、日々の取り組みが大事です。

日々の取り組みが実践できるよう、メールと専用サポートサイトでバックアップします。

専用サポートサイト(パソコン)
%e7%84%a1%e9%a1%8c

専用サポートサイト(スマートフォン)
screenshot_2016-09-20-15-36-09

専用サポートサイトは、パソコン、ipadなどのタブレット、iphoneなどスマートフォンから利用できます。ガラケーには対応していません。

DVDを見ての不明点や理解できないところ、自分で実践してみようとしてやり方がわからなかったところ、やってみたけれど出来ないところやがあれば、どんどんメールや専用サポートサイト内にある掲示板からご質問ください。

友人知人などとロールプレイ練習をして言われた内容に対してどうしたらいいか、練習のときにできなかったことへの対応など、あなたの疑問に私が直接お答えします。

受講生の皆さんの質問は、専用サポートサイト内や専用サポートサイト内にある掲示板でお答えします。

ひとりの受講生の疑問は、受講生共通の疑問でもあります。

質問とその解答をシェアが、他の方の疑問解消にも役立ちます。

また、自分では疑問にも思っていなかったことを、新たに知るチャンスでもあります。

質問のシェアはしますが、個人名等は記載しないので、誰が質問したかはわかりません。

専用サイトでは、自分で登録したニックネームて質問ができます。

質問にお答えするのはもちろん、専用サポートサイト内での解説も致します。

ご質問をいただく中で、新しい情報をどんどん追加していきます。

受験票と一緒にロールプレイケースが届くまでは、各評価区分が出来ているかどうかを、DVDやメールや専用サポートサイトを元に実践していただきます。

実践の方法も、もちろんお伝えします。

ロールプレイケースが届いたら、ロールプレイケースごとに調べる内容や対策、チェックポイントについてもお届けします。

ロールプレイケースの分析や、届いたロールプレイケースのロールプレイを行うだけでは、面接試験合格は難しいです。

そもそもこの試験で何を求められていて、その各評価項目に対してなにをすべきか知って、事前に出来ることに取り組んでいくことで、効果的に面接試験対策ができます。

知人同士の勉強会も、参加前に力をつけてから勉強会に参加したほうが効果的です。

仲間同士のロールプレイを試験対策につなげるために、どのように行うかもお伝えします。

仲間同士のロールプレイ練習の前に、そもそも自己練習をすべきですし、ロールプレイを一緒にやる仲間がいなくても、自分ひとりで練習していくこともできます。

また、日々取り組んでいただくことを、メールセミナーでお届します。

日々取り組まないとという気持ちはあっても、仕事や家庭など忙しいと、ついつい忘れがちなので、忘れないようにメールをお届けします。

第17回オンラインサポートでは、35通ほどメールセミナーをお届けしました。

メールセミナーでは、ひとつのテーマに対して、日々の中で実践する具体的内容、意識してほしいポイントを何回かにわけて、お届けします。

・関係構築を把握するために注目するところ
・関係構築のために意識して行うこと
・関係構築づくりしやすい話題
・状況から感情を拾う
・相談者の本当の問題
・得たい答えが相手にわかるように質問する
・最初の質問

主に関係構築と問題把握のための質問についてです。

特に最初は関係構築についてのメールセミナーが続きます。

どういう相談者に対しても、ある一定以上の関係構築を作っていけるのが、熟練レベルのキャリアコンサルタントだからです。

よく話す相談者、あまり話さない相談者、どういう相談者がきても、ある一定以上の関係構築を作れるように、キャリアコンサルタントから積極的に働きかけられるようになります。

相談者別の対策を立てるのではなく、どういう相談者がきても自分がキャリアコンサルタントとして関係を作っていけるようになってください。

そうでないと、本番のロールプレイに対応できません。

小手先の対策だから、合格できないのです。

合格できる実力を、身に着けてください。

メールセミナーは日々の実践のためにお届けしますが、メールが届くことで試験当日までモチベーションを保って自分で勉強していけるようにもサポートします。

このサポートは講義形式になりますので、実際のロールプレイは友人知人や職場の仲間と行っていただくことになりますが、友人知人とのロールプレイの機会がなくても自分一人でできる面接試験の練習方法も、たくさんお伝えします。

さらに面接対策オンラインお申し込みの方で希望の方には、5月中に電話で10分間のロールプレイと20分間のアドバイス計30分の電話個別ロールプレイを行います。

(電話代は、こちらで負担します。)

面接試験20分のロールプレイの前半部分を行っていただいて、その内容に対してアドバイスします。

口頭試問で挽回すれば合格できるものの、ロールプレイもできたほうが口頭試問ンも答えやすくなりますから、今回は前半の進め方について集中してアドバイスする機会を設けました。

日程など詳しいことは、お申し込みの方に連絡します。

面接対策オンラインサイト利用期限は、前期試験は次の後期試験受験案内発表前日まで、後期試験は次の前期試験受験難内発表前日までになります。

面接試験日が人により異なるので、主要内容は最初の面接試験までにお届けしますが、一部フィードバックは7月中旬までお届けする予定です。

面接オンラインサポートは、税込み45.000円になります。

リベンジの方でDVDをお持ちの方は15,000円、DVDをお持ちでない方は35,000円、第17回面接オンラインIDをお持ちの方は、別途お問い合わせ下さい。

オンラインサポートは仕組み上、途中で解除や返金はありません。本気で合格したい方のみ申込みをお願いします。サポートできる人数には限りがありますので、定員いっぱいになったら締め切ります。

申し込み時の返信メールからクレジットカードのお手続きができます。銀行振込希望の方は振込先口座がメールに明記されています。恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。確認ができたらDVDを発送代行業者からお届けします。オンラインサポートも順次はじまりますので、それに従って勉強していただく形になります。

2級キャリアコンサルティング技能検定に合格したい方、おまちしております!

なお前回までに面接対策関連のサポートを受けて今回リベンジの方は、DVDをお持ちの方は15,000円、DVDをお持ちでない方は35,000円、第17回面接オンラインIDをお持ちの方は、別途お問い合わせになります。お申し込みの際はリベンジの旨記載お願いします。