メールとアドバイスのおかげで自分に何が足りないのかがよくわかりました。

■ メールとアドバイスのおかげで自分に何が足りないのかがよくわかりました。

2級キャリア・コンサルティング技能士合格対策講師 橋谷です。

東京は、台風です。

私の住んでいるところは、いわゆる海抜ゼロメートル地帯で家の前は川です。

水門が近くにあるので、あふれずにすんではいますが、茶色の水がごうごうと流れています。。。大丈夫かな?

さて。

第14回試験に合格された方からメールをいただきました。
シェアを快諾くださったので、ご紹介させていただきます。

橋谷さま

こんばんは。

論述試験対策ではアドバイスをいただき
ありがとうございました。
橋谷さんのメールとアドバイスのおかげで
自分に何が足りないのかがよくわかりました。

お伝えしていませんでしたが、試験当日は関係構築が後半、取れていないと感じましたし、振り返りもわずか6分でした。
振り返り途中で、後半に関係構築がとれていないという言葉が口に出せず1分程度沈黙が続いたので、諦めていました。

なので合格するなんて思っていませんでした。

ちなみに、論述65点でした。苦手だった論述でしたが、本当に橋谷さんの論理的な教えのおかげだと思います。
実技は、基本的態度75点、関係構築力70点、問題把握力75点、具体的展開力70点の合計72点でした。

実技前は以前橋谷さんが送ってくださったメール(下記)を何度も読み直し
目の前のクライアントに精一杯向き合い、クライアントが帰ってから何か行動に移せるようなコンサルにしようとに思いながら臨みました。

ありがとうございました。
次は1級を目指したいと考えだしたところですので、
今後橋谷さんと何かの形でご一緒できたらありがたいです。

これからますますのご活躍をお祈りしております。
本当にありがとうございました。

合格おめでとうございます。

そして、シェアへのご省力ありがとうございます。

キャリア・コンサルティングは、人の心を扱いますが、感覚やなんとなくというものでもありません。

キャリア・コンサルティングには、理論があります。

キャリア・コンサルティングの理論を理解して、実践に落とすのがこの試験です。

論述も、なんとなく読んで答えるだけではだめで、何をどう読み解いて、どう解答していくか。

その方法を、論理的にお伝えするのが有料メールサポートです。

2級キャリア・コンサルティング技能士の資格を持っていれば、相手にわかってできるように教えられるわけでもありません。

論理的な解き方を身につけてこそ、試験当日初めて見る問題でも、きちんと読み解くことができるようになります。

論述が苦手な方は、何をどう読み解いていくかというポイントがわからず、なんとなく読んで答えてであっているのかどうかわからないという方が多いです。

きちんと論述を勉強していくことが、論述試験合格、そして面接試験合格へとつながっていくのですね。

合格おめでとうございます。

これからは試験対策以外で、ご一緒する機会を作っていきましょう!