予測・予想して臨めたので試験直後から「いつも通りに出来たな」という感覚がありました

■予測・予想して臨めたので試験直後から「いつも通りに出来たな」という感覚がありました

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷です。

第15回試験合格者の方のうち、頂いた報告をシェアさせていただけるという連絡をいただきました。

資格取得で新しいお仕事に就いて、忙しい日々を送っていらっしゃるそうです。

一度目(11回)受験はサポートや教材を使わず、
とりあえず、受験しました。
30代前半という年齢もあり、周囲の皆さんの雰囲気から
かなり引け目を感じ、自信がありませんでした。

今回(15回)はメルマガサポートと論述の参考解答DL教材の
お陰で、前回よりは自信を持って、安心して
臨めました。

合格できたとは思いませんでいたが、
ぎりぎりの点数でも、全て「到達」。

対策を「やるだけやった」ということと、
「こうだったら、こうしよう」と予測・予想して臨めたので
試験直後から「いつも通りに出来たな」という
感覚がありました。

また、「母を看取ったことに比べれば、年に2度も
ある試験なんて何でもない」とある種、開き直りもありました。

期間は空いてしまいましたが、そのおかげで
橋谷先生の講座で学べ、開き直れるほどの
気持ちになれました。

シェアにご協力くださって、ありがとうございます。

この方にお願いしたいと私が思ったのには、理由があります。

この方のように、ご家族のことなどで思うように自分のことが進まない方もいらっしゃるのではないか、あきらめてしまいそうになる方も、いらっしゃるのではないか。そういう方に読んでいただきたかったのです。

この方も一度目の受検が第11回、二度目が第15回と間が空いていらっしゃいますよね。

その間、いろいろなことがあったのではないでしょうか。

その時はそちらに集中して、ひと区切り就いてから改めて自分のことに取り組む。

そのときにやるべきことに対して、しっかりと取り組まれたからこそ、自分のこともしっかり取り組んで結果を出されたのではないでしょうか。

親御さんだったり、ご主人だったり、身内の介護や病気などの話は、けっこうメールで頂きます。

女性の方に多いです。

なかなか思うようにいかない時もあるかもしれません。

でも、今はそこに集中するときなのかもしれません。

焦ることもあるかもしれませんが、時はやってきます。

今は、目の前のことに集中して取り組み、区切りがついたら今度はご自身のために時間をつかってくださいね。

改めて、合格おめでとうございます。

資格を活かして新しい仕事で活躍していかれるのを、心から応援しています。