1. TOP
  2. キャリアコンサルティング技能検定試験概要
  3. 2級実技(面接)試験の評価区分とその内容

2級実技(面接)試験の評価区分とその内容

■ 2級実技(面接)試験の評価区分とその内容

2級キャリア・コンサルティング技能士受検対策講師 橋谷です。

有料サポートを受けている方には、最初の段階でご案内していますが、キャリア・コンサルティング技能検定ホームページ内、技能検定概要の下の方にある、「試験の範囲」の下の方に、2級実技(面接)試験の概要という、前回のロールプレイケースの裏面に記述してある内容が参考として書いてあります。

それで、重要なのはその下です。

「2級実技(面接)試験の評価区分とその内容」

というPDFファイルがありまして、ここに面接試験の4つの評価区分について説明が書いてあります。

これ、今回からですね。
内容は下に挙げておきますが、ぜひ原文を見ておいていただければと思います。とーっても重要です。

おそらく気がついてない方が、多いと思いますので。

2 級キャリア・コンサルティング技能検定実技(面接)試験の評価区分

2 級キャリア・コンサルティング技能検定において、実技(面接)試験の合格基準は、
100 点満点で 60 点以上の得点であるとともに、評価区分ごとに配点の 60%以上の得点(所
要点)であることが必要です。
2 級実技(面接)試験の評価区分とその内容は、下記のとおりです。受検される方は、
これを熟読した上で、試験に臨んでください。

      記

【2 級実技(面接)試験の評価区分とその内容】
基本的態度:キャリア・コンサルタントとして自分をありのままに受容し、言語・非言語
で表現し、多くの場合、一致していること。また、必要に応じて相談者の個別問題に応
じた支援(助言・情報提供等)を適切に行うことができること。

関係構築力:キャリア・コンサルタントとして、相談者に対する受容的・共感的な態度及
び誠実な態度を維持しつつ、様々なカウンセリングの理論とスキルを用いて、相談者と
の人格的相互関係の中で相談者が自分に気づき、成長するような相談を安定的に進める
ことができること。

問題把握力:相談者が表現した内容から、相談者が相談したいことを把握し理解するとと
もに、相談者が訴えている以外の相談者の問題を把握しており、推論の根拠も説明でき
ること。

具体的展開力:相談者との関係性を意識しながら面談を進め、相談者の訴えを理解した上
で適切な目標を設定し、キャリア・コンサルタントとしての対応を適切に選択し、対応
できることで、相談者に気づき、変化(問題に対する認知の変化、自分または重要な他
者に対する認知の変化、自己の表面的な表現から内面表現への変化、具体的行動や意欲
の変化など)が起こること。

以上

\ SNSでシェアしよう! /

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

キャリアコンサルティング研究所主催2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師の橋谷です。

2011年3月に、2度目の受験で国家検定2級キャリアコンサルティング技能士試験に合格し、第6回試験より2級キャリコン合格対策をさせていただいています。

2級キャリアコンサルティング技能検定が、自身のキャリアコンサルティングスキルの見直しと向上、自己研鑽のひとつだと考えております。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2級キャリアコンサルティング技能検定の合格率と難易度は?難しいのは学科試験?面接試験?論述試験?

  • キャリアコンサルティング技能士の一部合格とは?論述試験合格の持ち越しはできるの?キャリアコンサルティング技能検定の一部合格制度を説明します

  • 2級キャリアコンサルティング技能検定の試験会場は?試験会場は、いつわかる?

  • 第18回合格者の声

関連記事

  • 2級キャリアコンサルティング技能検定の試験会場は?試験会場は、いつわかる?

  • 1級キャリア・コンサルティング技能検定の受検資格

  • 標準レベルキャリア・コンサルタントとは

  • ロールプレイ課題は持っていけません

  • 2級キャリア・コンサルティング技能検定の受検資格

  • 一部合格の期限