1. TOP
  2. キャリコン2級論述対策:試験全般
  3. 自分の解答を客観的に振り返る

自分の解答を客観的に振り返る

 2012/05/09 キャリコン2級論述対策:試験全般
この記事は約 3 分で読めます。 345 Views

■ 自分の解答を客観的に振り返る

2級キャリア・コンサルティング技能検定合格対策講座講師の橋谷です。

いろいろやっていたら遅くなってしまいましたが、がんばって一つだけでも書きます。

今日のテーマ「自分の解答を客観的に振り返る」は、面接試験での口頭試問の話ではありません。

ブログテーマを見ていただければわかるのですが、論述試験についてです。

というのも、この試験を受けるときに面接では口頭試問があるので自分の面談を客観的に振り返ることをしていきますが、論述試験で自分の面談つまり解答を振り返ると言うことを、やっていますか?

このブログでも、論述試験の練習で過去問題を解くときの方法について、いくつかお伝えしています。

時間を決めて解く。時間をかけて分析しながら解く。などいろいろです。まだ書きますが。

それで、今日の話は解答を書いた後についてです。

あなたは解答を書いた後に、どうしていますか?

書いて書きっぱなしで、別の問題を解いていると言う方が多いのではないでしょうか。

後よくあるのが、集まってディスカッション。

確かにディスカッションで他の方の解答を知ると言うのは参考にはなります。自分では思いつかなかった視点に気づかされることもあります。

肝心なのは、その視点が正しいのかどうかですよね。

ディスカッションでの他の方の解答が、果たして正解に近いのか、遠いのか。

そこまでの論議は、されないままです。

視野を広げる。考え方の違いを知ると言う意味では勉強になるのでしょうが、試験対策としてディスカッションだけと言うのは、いかがでしょうか。

皆さんが知りたいのは、その先。果たして自分の書いた解答が合格点に達しているのかどうかですよね。

つまりキャリアコンサルティングの勉強としてはディスカッションは有意義ですが、果たして試験対策としてはどうかということです。

これを読んで、そうそうと肯いてくださる方も多いのではないでしょうか。

試験で合格点を取るためにと言う点では、論述試験でも自分の書いた解答を客観的に分析して振り返ってみる必要性があります。

これは、面接試験対策にもなります。面接試験も口頭試問で自分の解答を客観的に振り返ることになりますので。

過去問題を解いたあとに、自分の解答を客観的に振り返ってみましょう。

出来れば時間をおいて別の日に、行ったほうがいいです。

\ SNSでシェアしよう! /

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

キャリアコンサルティング研究所主催2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師の橋谷です。

2011年3月に、2度目の受験で国家検定2級キャリアコンサルティング技能士試験に合格し、第6回試験より2級キャリコン合格対策をさせていただいています。

2級キャリアコンサルティング技能検定が、自身のキャリアコンサルティングスキルの見直しと向上、自己研鑽のひとつだと考えております。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2級キャリアコンサルティング技能検定の合格率と難易度は?難しいのは学科試験?面接試験?論述試験?

  • キャリアコンサルティング技能士の一部合格とは?論述試験合格の持ち越しはできるの?キャリアコンサルティング技能検定の一部合格制度を説明します

  • 2級キャリアコンサルティング技能検定の試験会場は?試験会場は、いつわかる?

  • 第18回合格者の声

関連記事

  • 空き時間の利用法

  • 問題から理論を見つけどんな理論を使えばよいのか?

  • 方策は具体的に書けていますか?

  • 論述問題で相談者の言葉を分類する

  • 文章を書くのが苦手だと思った人

  • 技能士の方がレベルが高いと思いますが、なんとしても合格したいです