産業カウンセラー教会の面接対策講座について

■ 産業カウンセラー教会の面接対策講座について

2級キャリア・コンサルティング技能検定合格対策講座講師の橋谷です。

みなさん、対策本、申し込みました?

こんなに盛り上げておいて、中身が役に立つ内容じゃなかったらどうしようって不安です。でも協議会の本だから、はずれじゃないと思いたいです。

もちろんワタシも申し込みました。お金も振り込んだので届くのを待つばかりです。

さて。今日は東京で行われている産業カウンセラー協会の面接対策講座について。

3名一組で、受験者(コンサルタント)役、相談者(クライアント)役、観察者役を担当し、夜の場合は一巡。午前午後の場合は二順します。

つまり、夜なら1回、午前午後なら2回、受験者役が体験できるわけですね。

それぞれのグループに実技指導者がついて、面接が終わった後の口頭試問、フィードバックをするという流れです。

それで、この講座は回数も割合多く、金額も比較的受け安い価格(夜なら6000円程度)なので、ロールプレイをする相手が近くにいないという方には、いいんじゃないかなというのが私見です。

そして、この講座の問題点としては、相談者役も参加者が行うので、当たる相手が悪いと練習にならないことがあります。人によっては全然関係ないことを言ったり、意味もなく怒り出したりという相談者役をする方も、まれにいるので。

そういう人、いるのって思うかもしれませんが、います。ワタシも産業カウンセラーの実技試験で、先に自分がカウンセラー役で試験を受け終わった人が、今度ワタシの番になったらクライアント役で急変して大変だったことがありました。いやがらせですね。もちろんその年は落ちましたが。

面接の練習には、相手役も大事だということです。

もうひとつは、指導者のレベルがバラバラという点にあります。

いい指導者にあたれば勉強になるし、良くない指導者にあたれば役に立たない口頭試問やフィードバックになってしまうということ。

前回の面接対策講座に参加した人の中で、口頭試問で問われる内容がぜんぜん的外れで、技能士試験を受けたことあるのかしらと思った方がいらっしゃいました。この方は何度か技能士試験を受けているので、口頭試問で問われる内容は、だいたいつかんでいる方です。

受講者に、そんなこと言われてしまう実技指導者って、どうかと思いますが。。。これは個人的意見です。

もちろん、技能士試験について勉強して、きちんとしたフィードバックをくれる実技指導者の方もいらっしゃいます。が、そういう方に当たるかどうかが、わからないんですね。

協議会の対策講座は、指導者が明記されているので、こういうことはないのです。

東京以外の産業カウンセラー協会の面接対策講座を受検した方のお話もお伺いしましたが、概ね内容は変わらないようです。

今シーズンは、ワタシのほうでも面接対策のお手伝いが、有料になりますが出来ないかなと考え中です。(というか、今までも個別の面接対策はお金を頂いていたのですが。。。)