1. TOP
  2. キャリコン2級論述対策:試験全般
  3. 主語はだれ?

主語はだれ?

■ 主語はだれ?

2級キャリア・コンサルティング技能検定合格対策講座講師の橋谷です。

論述試験対策勉強会に参加してくださった方の回答アドバイスと、論述試験添削にお申込くださった方の回答アドバイスを、順次おおくりしています。

届いていない方、順番なので少々お待ちくださいませ。申し訳ありません。

返事をお送りした方の感想に、自分の弱いところが客観的にみてもらってわかったと言うことが書いてありました。少しでもお役に立てて、よかったです。引き続き、がんばっていきましょう。

さて。

そのアドバイスをしている中で、気がついたのでこちらに書いておきます。

それは、問1、問2、問3の各設問への答え方について。

問題を読んでいただけるとわかるのですが、

問1は、相談者が相談したい問題なので、回答文の主語は「相談者」になります。

問2は、あなた(=キャリア・コンサルタント)が考える相談者の問題なので、回答文の主語は「私(キャリア・コンサルタントとしての私)」になります。

問3も、あなた(=キャリア・コンサルタント)が考える目標と方策なので、どちらも回答文の主語は「私(キャリア・コンサルタントとしての私)」になります。

回答に、いちいち主語を書かないせいか、ここがごっちゃになっている回答が見受けられます。

問3の主語が、「相談者」になってしまっているということです。

確かに問3の目標は、問1と問2の問題を解決するための目標です。

でもその目標を立てるのは、キャリア・コンサルンタントなのですね。

わかりにくいようなら、一度主語を入れた文章を書いてみると文章が変なことに気がつきます。

実際の回答で主語を入れないとダメだということではありませんが、主語によって文章が異なってくるので、?ということになってしまうのです。

大丈夫だとは思いますが、一度確認してみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャリアコンサルティング技能士の一部合格とは?論述試験合格の持ち越しはできるの?キャリアコンサルティング技能検定の一部合格制度を説明します

  • 2級キャリアコンサルティング技能検定の試験会場は?試験会場は、いつわかる?

  • 第18回合格者の声

  • 私が受けたときの2級キャリアコンサルティング技能検定面接試験の流れ

関連記事

  • 文章を書くのが苦手だと思った人

  • 削りすぎないために

  • 過去問を一度やって終わりにしない

  • 論述試験は各問でポイントを押さえることが重要です

  • クライアントの言葉とコンサルタントの言葉を混同しない

  • 論述過去問を1回解いて終わりにしていませんか?