1. TOP
  2. キャリコン2級論述対策:問1
  3. 相談者の言葉を丁寧に拾う

相談者の言葉を丁寧に拾う

 2013/06/08 キャリコン2級論述対策:問1
この記事は約 2 分で読めます。 442 Views

■ 相談者の言葉を丁寧に拾う

2級キャリア・コンサルティング技能検定合格対策講座講師の橋谷です。

昨日もスカイプ(がなぜか繋がらず急遽電話)でのロールプレイ、論述アドバイスのメールを返信しています。今日もメールの返信をしています。

それで頂いた回答を読ませていただいてアドバイスをしていると、時間がかかる方と時間がそれほどかからない(と言っても2時間くらいはかかる)方とがいらっしゃいます。

時間がかかる方は、何日もアドバイスに時間がかかっています。(それで遅くなる場合もあるのですね。お待たせして大変申し訳ありません。)

それでその、言い訳ではないのですが時間がかかる原因として、問1を自分の言葉で言い換えすぎと言うのがあります。

問1は相談者自身の問題点を逐語記録から読み取るのですが、相談者自身の問題点なので、相談者が気がついている問題点、つまり相談者本人が自覚している問題点を挙げます。ということは、自分で話した問題点(逐語記録なので、本文中に書いてある問題点)を書いていくのですが、ついつい自分のことがで言い換えしまう。そういう回答だと、問2以降もずれてくるので結果としてアドバイスに時間がかかる回答が多いのです。

自分の言葉で言い換えたいまとめたいという気持ちはわかるのですが、そこはグッとガマンです。

自分が同じ意味だとして使っている言葉と、相手が使っている言葉の意味が同じだとは限りません。同じだと思っているのはコンサルタント自身ですが、それを決めるのは相談者です。

面接試験ではコンサルタントが言い換えた言葉が同じかどうかクライアントに確かめることが出来ますが、論述試験ではクライアントに確かめることが出来ません。

だからこそ、よりいっそう丁寧にクライアントの言葉を拾っていく必要があるんですね。

\ SNSでシェアしよう! /

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

2級キャリアコンサルティング技能検定合格情報総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師 橋谷

キャリアコンサルティング研究所主催2級キャリアコンサルティング技能士合格対策講師の橋谷です。

2011年3月に、2度目の受験で国家検定2級キャリアコンサルティング技能士試験に合格し、第6回試験より2級キャリコン合格対策をさせていただいています。

2級キャリアコンサルティング技能検定が、自身のキャリアコンサルティングスキルの見直しと向上、自己研鑽のひとつだと考えております。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2級キャリアコンサルティング技能検定の合格率と難易度は?難しいのは学科試験?面接試験?論述試験?

  • キャリアコンサルティング技能士の一部合格とは?論述試験合格の持ち越しはできるの?キャリアコンサルティング技能検定の一部合格制度を説明します

  • 2級キャリアコンサルティング技能検定の試験会場は?試験会場は、いつわかる?

  • 第18回合格者の声

関連記事

  • 相談者が最初に話すこと

  • 当たり前かもしれないけれど大切な論述試験で押さえるポイント

  • 問1は何を答える?

  • AさんもBさんも面接試験に不合格か?

  • 第一問目は、必ず問題用紙の中に正解がある

  • 問1の、その答えを書いた根拠は何ですか?